外壁工事の業者選び

悪徳業者が良く使う手口

外壁工事の手抜き作業の事態

外壁工事の手抜き作業の事態 昨今、業者による経費節減や期間短縮を目的とした手抜き工事があちこちで取り沙汰されていますが、それは何も大規模な工事に限ったことではありません。
外壁工事という分野でも、手抜き作業の実態が報告されています。
そもそも外壁工事とは、ただ上塗りだけを美しく仕上げれば良いわけではありません。
ひび割れているところや欠けているところがあればそれを補修し、時には汚れている部分の清掃作業が必要になることもあります。
塗ってはならない箇所には『マスキング』と呼ばれる技法が必要になりますし、何度も重ね塗りしなければならない場合もあります。
しかし、実際これらの作業が必要であることは知っていたとしても、業者がそれを怠っているかどうかは、一般人には判断がつかないのが普通です。
ましてやそれが、塗料の水増しであったりすればなおのことです。
どんな工事にも言えることですが、仕事はお客様と業者の信頼関係の間で成り立っているにも関わらず、顧客の信頼を利用し、バレなければと手抜き工事をしてしまう業者は皆無とは言えません。
今の時代は口コミや評判なども比較的容易に調べられる時代ですから、よく吟味して信頼できる業者を選定することが肝要になります。

下地作業をしない悪徳業者

下地作業をしない悪徳業者 悪徳業者が外壁工事の際に行う手口の一つとして、下地作業の手抜きがあげられます。
外壁工事の根幹ともいえる下地作業ですが、この作業が手抜きで行われてしまうと、塗装の寿命を縮める原因となってしまいます。
下地処理とは、木材のとげやささくれを補修したり、外壁にひび割れが生じていた場合に補修をすることをいいます。
また、塗装する箇所にごみや汚れが付着していることが多いため、洗浄も必要不可欠になります。
この処理を施すことで、塗料の本来の性質を満遍なく発揮することができます。
ただ、最終的に下地は塗料で見えなくなってしまうので、手間と時間を惜しんで省略する業者がいるようです。
悪徳業者による手抜き工事の問題は、見た目が綺麗なため、見分けがつかない点にあります。
塗装がはがれるなどの劣化が発生するタイミングが、半年以上経過してからということが多いため注意が必要です。
手抜き工事を回避するためには、インターネットでレビューを検索してみるなどの下調べをして、信頼できる塗装業者を慎重に選ぶことが重要となります。

Copyright © 2016 外壁工事の業者選び All Rights Reserved.