外壁工事の業者選び

悪徳業者が良く使う手口

外壁工事で契約を急がせる理由

外壁工事で契約を急がせる理由 外壁工事などリフォーム関係の契約を急かされたら、その工事会社はもしかしたら悪徳業者かもしれません。
または営業担当者は本当の意味で自分の味方ではなく、営業担当自身の営業成績のことばかり考えていて、親身になって考えてくれているのではないと思った方がいいかもしれません。
なぜ外壁工事の契約を急がせるのかというと、冷静に考える時間を与えないためです。
今すぐ工事しないと危ないですよ、というような言葉で不安を煽って、不安になって冷静に考えられないうちになんとかしてしまおうという手口なのです。
そしてつい契約してしまうと、キャンセルをさせないように足場などを組んでしまいます。
そうなると冷静になって考えて工事をキャンセルしようとしても、足場を組んだ料金だけは発生してしまうので、こちらばかりが損をしてしまいます。
トラブルにならないためには、必ずその場で決めてしまうのではなく、必ず時間をおいて冷静に考え納得できるまで話し合う必要があります。

不安を駆り立てる

不安を駆り立てる 外壁工事の悪徳業者を見分けるポイントはいくつかあります。
例えばとにかく契約を急ごうとします。
それは契約さえしてしまえばどうにでもなると思っているからで、契約をしてもらうためには今すぐ工事をしなければ大変なことになるなど、不安になることをいろいろといってくるという特徴があります。
特に訪問販売の外壁工事業者などは、ちょっと見ただけなのに屋根がこのままでは雨漏りするかも知らない、今契約すれば安いけれど後日になると料金が高くなるなど、とにかく不安を煽って契約を迫ってくるので注意しましょう。
家というのは外壁工事が緊急性で必要になることはほとんどありません。
例えば雨漏りがしたなど実害がある場合はすぐに工事をした方がいいですが、そういった場合も即日契約しなければ家が倒壊してしまうなどといった危険なことはまずありません。
外壁工事をするのであれば、しっかりと調査をしてもらい見積もりが納得できたら契約をしましょう。

Copyright © 2016 外壁工事の業者選び All Rights Reserved.