外壁工事の業者選び

悪徳業者が良く使う手口

外壁工事で気を付けなければいけないのは訪問販売

外壁工事で気を付けなければいけないのは訪問販売 訪問販売がすべて悪いというわけではありませんが、外壁工事の場合では国民生活センターにトラブルで相談される確率が全体の4分の3にも及ぶというデータがありますので、悪質な勧誘が多いといえるでしょう。
訪問販売の手口としては、突然訪ねてきて、無料で点検できますというようなことを言って屋根や外壁が悪いところがある、修理をした方がいいといって不安を煽るケースがよくあります。
特に外壁工事で気をつけたほうがいい訪問販売は、突然来てその日のうちに契約を迫るような場合です。
またその日のうちに契約しないと後で契約するときには料金が高くなるなどという業者は悪質なところだと思ってよいでしょう。
その他にも見積書や工事の工程の説明、きちんとした契約書を持ってきてくれないなどといったケースも要注意です。
またセールストークが不安を煽るようなことばかりいったり、電話などの営業がしつこい外壁工事業者には気をつけたほうがよいでしょう。

悪徳業者が良く使う手口

悪徳業者が良く使う手口 どの業界でも悪徳業者がよく使う手口というのは似ています。
まず最初に相手の不安になるようなことをいろいろと言ってきます。
例えば外壁工事業者の場合では、今すぐ工事をしないと雨漏りがしますや壁がはがれおちてしまいます、といったように今にも家が倒壊してしまうかのように大袈裟に話をしてきます。
そして今すぐ契約すればお得ですよと、本来は何百万もするのに今日ならいくらといったように大幅な割引をしてくるのも悪徳業者の良く使う手口です。
特に外壁工事の場合では、定価がなく、各リフォーム会社がそれぞれに決めている部分があるのでなかなかうまく反論できないところがあるので、後々にトラブルになるケースが多くあります。
悪徳業者に騙されないためには、まず今すぐにといわれてもすぐに契約をしないこと、見積もりは必ず確認することは必ず行いましょう。
悪くなっているという部分は話だけではなく自分の目で確認することも必要です。
また根拠のない大幅な値引きは何か裏があると思った方がよいでしょう。

pickup

2018/1/11 更新

Copyright © 2016 外壁工事の業者選び All Rights Reserved.