外壁工事の業者選び

外壁業者に悪徳業者が多い理由

外壁業者に悪徳業者が多い理由

外壁業者に悪徳業者が多い理由 相場より高い値段で物を売りつけたり、工事をしてもコストを削減するために手抜きをしたりなどすることを悪徳な商売、悪徳業者と呼ぶわけですが、特にトラブルが多いといわれているのが外壁工事の業者です。
なぜ料金や工事でトラブルが起きてしまうのかというと、外壁工事には定価がなく、業者が好きに設定することができるところにあります。
そしてなぜいい値で契約してしまうケースが多いのかというと、平均的な相場がわからないため、それだけの値段がかかるのだといわれてしまうとなかなか反論することができないからです。
特に訪問販売での外壁工事ではトラブルが多いので気をつけなければなりません。
悪徳な業者の特徴としては、とにかく契約を急ごうとすること、見積書や契約書をきちんと出してくれないこと、不安を煽るようなことばかり言うなどがあります。
外壁工事を頼む時には、複数の業者に見積もりを出してもらうなど慎重に業者を選ぶようにしましょう。

塗装後の良し悪しは素人にはわからない

塗装後の良し悪しは素人にはわからない 価値の面からも重要度の面からも大切な財産として常にベストな状態にしておくために、住宅はさまざまなメンテナンスを必要とします。
その中でも寿命を延ばす点で重要なのが、塗装などの外壁工事です。
足場を組み家全体に施工する外壁工事は費用もそれなりに必要となるので、つい格安施工の広告やセールスに目が行きがちです。
ですが安易に価格だけで、業者を選ぶのは非常に危険です。
外壁工事に注意が必要な理由は、どのような施工方法でも塗装後はそれなりの仕上がりになり、素人には良し悪しの判断がつきにくいという点にあります。
下地塗りや補正や乾燥時間が守られた質の高い塗装なら10年以上持つのに対し、手抜き工事の場合2、3年で剥がれ落ちてしまうことがあります。
そのような事態に陥らないためには、きちんとした業者選びが重要です。
大幅な値引きをセールストークに使う業者は、避けたほうが無難です。
作業工程の説明が丁寧で、実際の施工事例を確認できるかなどが判断のポイントです。

注目サイト

最終更新日:2017/8/31

Copyright © 2016 外壁工事の業者選び All Rights Reserved.